封筒印刷・伝票印刷・オリジナル伝票・カタログ・冊子印刷など、激安価格な直販価格.comにお任せ下さい!




伝票製本加工について

版について
版について

画像クリックで拡大


上の図の複写伝票は一見全て同じ様に見え、1版だと思われがちですが、実は3版となります。 それぞれタイトルが違う為、全ての版が異なることになります。
このように、文字1字1句変わるだけで全く違う別版という扱いになります。



減感印刷について
減感印刷について

減感印刷とは感圧紙のある部分のみ写らないようにしたい場合に特殊な薬品を使って印刷する方法のことをいいます。よく使われているのが、物品受領書などサインを貰う欄などがそうです。
減感印刷されている箇所は写ることはありません。


ナンバー印刷について
ナンバー印刷について

ナンバリングとは伝票などに、通しナンバーをつけることをいいます。



パンチ穴について
パンチ穴について

パンチ穴とは後で綴じやすいようにする為に、伝票の上や左の部分に穴を開けることをいいます。



紙の厚さについて
紙の厚さについて

紙の厚さは通常上から下までN40という厚さになりますが、一番下のみN60という少し厚めのタイプや領収書などに使われるN80という厚さのタイプなどがあります。
紙の色は白色、クリーム色、桃色、あさぎ色(水色)があります。



製本について
製本について

製本は左とじ、天とじ、左のり、天のり、左マキのり、天マキのりとがあります。
・左とじは左側を、天とじは上側を針金でとじ、切り取り線が付くタイプのことをいいます。
(通常は2枚目以降から切り取りできるタイプが主流ですが、全て切り取り出来るタイプもあります。)
・左のり、天のりは同じように左や上をのりでとじることをいいます。(切り取り線はありません。)
・左マキのり、天マキのりは表裏表紙が付くタイプのことをいいます。